高杉良 / 金融腐蝕列島

以前 池井戸潤原作の半沢直樹がテレビで放映されて注目されました。この小説はある銀行内部で起った不正を主人公が解決するというヒーロー的要素がある作品でした。

同じ銀行を取り扱った企業小説の作品で高杉良原作の金融腐蝕列島というものがあります。シリーズ化されて全部で9巻という長編です。

高杉良古本買取

高杉良 金融腐蝕列島

内容は実在したある大手都市銀行の派閥争い・後継者問題・不正と裏社会との癒着、更には他銀行との合併そして消滅というひとつの大きな流れを平凡な中堅銀行マンの目を通して描かれたものです。作品の登場する人物の中には、「あーあの人物か」と実際の有名な政治家や・実業家等が少し名前を変えて登場します。

当然この内容は全くの架空な話ではなく、元記者である筆者の長年に渡る綿密な取材に基づくもので非常に生々しく書かれています。

半沢直樹のようにヒーロー的な働きが出来ない主人公は、当たり前に企業倫理や縦社会に翻弄されながら時には無力であり、また傍観者です。「どうしてこうしないのか」とイライラしたりする場面もありますが、忠実に現実社会に存在する企業問題を提起した小説です。

非常に長い作品ですが、ドキドキしたりハラハラしたりする場面や胸がスカッとする場面もあり、この小説を読んだ後に、もっと自分が企業に入社した早い時期に読んでいれば実際に会社の中でもう少し充実した過ごし方が出来たのではないかという思いをする方もおられると思います。

この作品は会社で仕事をするなかで自身がやる気を起こしたり、問題が発生した場合にこういう方法で解決し、上司や部下を動かすことが大切だと参考になるある意味でバイブルと言っても過言ではありません。これから社会に出る人や、まだ入社して間もない若手社員の人達に自分自身の会社生活の過ごし方や仕事への取組み姿勢に関して参考となる作品です。

 

ブックハウスは大阪を中心に、京都府や奈良県へも古本の出張買取をお行っております。古本の他、ゲーム機・ゲームソフト・CDなども買取の対象となっております。

≪ ブックハウスの古本・CD・DVD・ゲームの出張買取の詳細はコチラ ≫

  ↓    ↓

ブックハウス大阪古本・古書出張買取案内

 

サブコンテンツ