貴志祐介 / 新世界より

新世界より買取

貴志祐介 新世界より

長編SF小説。舞台は現代からすでに1000年がたった日本で、人々は携帯電話などの便利なものは一切なく。その代わり人々は「呪力」と呼ばれる念動力を持つようになった世界の話です。
私たちが暮らしていた既存の文明とは全く異なる自然豊かな世界で過ごす主人公達は一見とても平和な理想郷で生きているように思っていました。
しかし、やさしすぎる世界の裏側にはおぞましい人類の業が垣間見えます。
全6章構成で物語りは1人の女性が執筆した手記という形で進む。主人公である彼女が呪力を獲得するようになったこと。そして、呪力を獲得してから起こるさまざまな出来事。
バケネズミと呼ばれる人間に服従する異形の生き物たち。しかし、そのバケネズミたちの真の目論見が分かるとき人類は未曾有の危機に直面することになります。
本作の緻密な設定には読んでいるほうが驚かされるほどです。もしも、本当に念動力を人類が取得したらという視点から語られる人類の「暗黒時代」は生々しくすら感じさせられます。
普通のSF小説であるならばどこかに人類への希望が見え隠れするものですが、この作品の下敷きになっているものは人類への諦めなのではないでしょうか。
そして、人類という種を存続させるために地球環境すら変えることに罪悪感を抱かない人間の恐ろしさが垣間見える作品です。

 

貴志祐介作品の他、SF小説・推理小説などの買取もブックハウスにお任せ下さい。

「家にある本は古い本だし、日焼けしているしどうせ売れないだろう」と捨ててしまう前に、大阪府全域対応の古本出張買取をご利用下さい。ご自宅までお伺いさせていただく際の出張費は無料です。

≪ ブックハウスの古本・CD・DVD・ゲームの出張買取の詳細はコチラ ≫

  ↓    ↓

ブックハウス大阪古本・古書出張買取案内

サブコンテンツ