畠中恵 / しゃばけ

しゃばけ古本買取

畠中恵 / しゃばけ

最近、妖怪をテーマにしたアニメ「妖怪ウォッチ」が流行っていますね。
グッズもたくさん出ていて、おもちゃ屋さんで目かけられる方もいらっしゃると思います。
でも、妖怪が出てくる話って昔から幾つもあります。言わば妖怪って身近にいる存在といったところでしょうか。

畠中恵著の「しゃばけ」にも妖怪が登場します。
時は江戸時代、今より妖怪を身近に感じられた時代。
大店の若旦那である一太郎が様々な事件を解決していくというストーリーです。

ここで注目するのが、一太郎に常に付き添ってる手代の正体が妖怪だっていうことなんです。
しかも、彼らは一太郎が一番大事で、一太郎の周囲にはいつも妖怪で一杯です。
一太郎には妖怪を見ることができます。中には人間に化けることもできる妖怪もいますが、
そうでない妖怪も一太郎には判ります。

何故かというと彼もまた、妖怪の血を引いた人間だったのです。
一太郎の祖母が狐の妖怪でした。しかし、いくら妖怪の血を引いていても一太郎は只の人間です。
だから、妖怪達が一太郎を守って事件が解決するんですね。
妖怪は友達なんだよと、少し妖怪が身近に感じられる本です。

 

畠中恵作品の他、妖怪ウォッチのゲームソフト等も、買取受け付け中です。

大阪の古本・ゲームの買取はブックハウスへ!!

≪ ブックハウスの古本・CD・DVD・ゲームの出張買取の詳細はコチラ ≫

  ↓    ↓

ブックハウス大阪古本・古書出張買取案内

サブコンテンツ