片桐義子 / 花療法  植物に関する本・古書の買取受け付け中です

おすすめ本花療法

片桐義子 / 花療法

花で体の不調を治していくという「花療法」という本です。
花療法研究家の片桐義子さんの本です。花は病気を治す直接的な薬ではないけれど、花からは元気をもらいます。
だから、花で体の不調を治していこうという本です。

プロローグでは、花療法の事を説明しています。人間には気があり、その気は赤、青、黄、白、黒(紫)となります。それを花に当てはめるのが花療法だというのが書かれています。

そして、その色にちなんだ花を紹介しています。赤でいうと、けいとうという花は食欲を増進させます。燃える炎のような花は、血脈を調整します。また、炎を見ているようなので活力がわきます。
だから食欲増進になり、元気になっていくというのが、けいとうの花療法です。
また、けいとうを下痢止め薬として使用する事ができるというのが書いてあります。

紫の花だと、とけいそうという花が登場します。奇抜な形をしている花なので、アイデアが浮かぶ花だそうです。
とけいそうの花言葉や咲く時期も書いてあるので、花の事が総合的によく分かります。

花を変わった目線から紹介している本なので、読んでいて面白いです。

 

ブックハウスでは植物に関する本の買取も随時受付中です、電話1本でご自宅まで古本出張買取に伺います。

≪ ブックハウスの古本・CD・DVD・ゲームの出張買取の詳細はコチラ ≫

  ↓    ↓

ブックハウス大阪古本・コミック出張買取案内

サブコンテンツ