大島健二 / マンガで学ぶ和のこよみ | 行事本買取いたします

和のこよみ
大島健二 マンガで学ぶ和のこよみ

日本人として誰もが知っている日本の行事ですが、意外に知らない事ばかりです。お正月の門松や、節句などの祭りは定番ですが、実は知らない事の方が多いため、このマンガは日本文化の知らない部分を分かりやすく説明してくれます。

例えば、男の子がいる家では五月人形を出します。しかし、この五月の祭りは男の子だけのものではありませんでした。もともとは古代の中国から伝わったお祭りです。これが男の子の祭りになったのは、武士の時代からです。このころ、菖蒲の花をお供えするという習慣がありました。しょうぶ=勝負という事で、男の子の祭りとなったそうです。
また、この節句では鍾馗様という鬼より強いとされる神様を邪気払いにお供えする習慣もあります。五月の節句は、邪気を追い払うための行事だったのです。

また、お正月に飾るしめ飾りも意味があります。あれは、神様がこの先にいるという意味で飾るそうです。お相撲さんが土俵入りする時に、腰に巻いているフンドシも、しめ飾りからきています。お相撲さん自体がお供えものという意味だそうです。

このように、一年の行事をマンガで分かりやすく、しかも詳しく説明しています。雑学好きの方にもオススメの1冊です。

 

ブックハウスの古本買取は、雑学本ももちろん買取の対象となっておりますし、他店で買い取ってもらえなかった本も買取できる場合もございます。

以前ご利用いただいた大阪市旭区のお客様から、「コンビニで売っている分厚いマンガは買い取ってもらえますか?無理なら処分希望です」との事でした。初めに他店に買取を希望されたそうですが、買取も引取処分も断られたそうです。

当店では、コンビニで売っている分厚いマンガも買取させていただきますし、万が一買取ができなかった本が出た場合も無料で引取させていただきます。

本の買取・処分の相談は無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

≪ ブックハウスの古本・CD・DVD・ゲームの出張買取の詳細はコチラ ≫

  ↓    ↓

ブックハウス大阪古本・コミック出張買取案内

サブコンテンツ