井上雄彦 / リアル | コミック本出張買取

リアル買取

井上雄彦 / リアル

スラムダンクで有名な井上雄彦が描く車椅子バスケットをテーマにした漫画です。
この物語には主人公が三人います。車椅子バスケの選手でありその中で高みを目指す戸川、バスケをやり続けながらも自分の道に迷う野宮、そしてなんでもうまくやりこなしてきたが突然の事故で足を失い人生に絶望する高橋、その三人の葛藤と成長をそれぞれの人生に各人物をうまく絡めながら物語が進んでいきます。

戸川は中学時代優秀なスプリンターでありながら突如骨肉腫で片足不随になります。
そこから前を向き車椅子バスケに出会いバスケットにその人生を捧げます。
野宮はバイク事故で同乗者に障害を負わせ自分は無傷、それがきっかけで人生を考え直すところが彼の物語です。
そして高橋、彼は勉強もバスケも出来、女にも困らないいわゆる勝ち組として極端なくらいの人物像が描かれています、それが突然交通事故で半身不随になり車椅子生活を余儀無くされます。
そこからの苦悩と葛藤、勝ち組と自覚していただけに感じる劣等感など残酷なまでの心情の描写が生々しく時に痛々しいほどにリアルです。

井上雄彦は、その芸術ともいえる繊細な絵だけでなく登場人物の気持ちまでもが細かくまるで文学のようです。障害者はかわいそう、優しくしてあげなくてはいけない、などというきれいごとではなく、障害者も一人の人間だということを力強く訴えかける作品です。

サブコンテンツ