パウロ・コエーリョ「アルケミスト」

アルケミスト買取

パウロ・コエーリョ / アルケミスト

 

アルケミストとは錬金術師のことです。

羊飼いの少年は錬金術師、アルケミストに出会います。
少年は旅をする中でアルケミストを始め、様々な人物に出会います。自分に訪れた運命をただ素直に受け入れ行動し見るもの聞くもの全てから物事を考え生きていきます。
そして歩いてきた軌跡がなだらかな曲線のように静かに繋がっていきます。まるで音楽を聴いているような気持ち、絵画の中で泳いでいるような気持ちになりながらあっという間に読める一冊です。

時には哲学のように、時には童話を読み聞かせられているように、優しくそれでいってしっかりと心に問いかけてくる本です。
子供のころに曖昧ながらなんとなく持っていた「人生とは何か」「生きるとは何か」そんな抽象的な疑問にやはり抽象的に答えを出しながら静かに諭してくれる登場人物に主人公と一緒に命について考えていくことになります。

これは小説で私達読者はあくまでもその文字の羅列を目で追っているに過ぎません。しかし、何故だかどこか遠くへ壮大な旅をしたような気分にさせられます。人生を考えるという大きな旅に。生きることの美しさ、命の果てしなさ、疑問は疑問のままですがそれでいいのかもしれない、というどこかすっきりした気分の読後感が味わえます。
この一冊を呼んで人生を考える旅に出てみませんか。あなたの人生をもっと豊かにもっと楽しくそして考えさせられる最高の一冊です。何度読んでも新しい旅に出ることが出来ます。

サブコンテンツ