赤川次郎 三毛猫ホームズの推理 | 古本買取 大阪市鶴見区

三毛猫ホームズはシリーズがいろいろありますが、その中でも推理が一番のオススメです。

その理由は、主人公の三毛猫ホームズが初めて片山刑事と出会うからです。

三毛猫ホームズは最初、大学で文学部長の森崎に飼われています。

しかし、大学で女子大生が殺害されるという事件がおきます。その事件を担当することになったのが片山刑事です。

この片山刑事は、女性恐怖症と血を見るのが苦手という少しかわった弱点があります。

しかし、何故か刑事になってしまいました。殺害事件がおきた大学の文学部長の森崎に片山刑事は話を聞きます。

 

そして、文学部長の森崎も何者かに殺害されてしまうのです。そこで、三毛猫ホームズが、飼い主を殺害した犯人を捜す手伝いをします。片山刑事は、三毛猫ホームズを家で飼い始めます。

殺害のトリックを考える場面で、三毛猫ホームズがマッチ箱をたてるのですが、それを見た片山刑事は殺害場所の建物をクレーンで90度動かすのを思いつきます。それからは、三毛猫ホームズにアイディアを頼る片山刑事が面白いです。

そして、この三毛猫ホームズの推理はドラマにもなりました。ドラマでの設定で仕方ないのでしょうが、三毛猫ホームズが人間になっています。

 

ブックハウスでは赤川次郎作品はもちろんの事、西村京太郎・森村誠一など人気作家の作品の買取を行っております。

大阪市鶴見区は古本・CD・ゲームなどを合わせて100点以上で出張買取にお伺いいたします。

サブコンテンツ